タイ移住ガイドについて

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!タイ移住ガイドのはるです。

タイ旅行・タイ移住・タイ転職に関するタイの魅力を発信するブログへようこそ!

はるは一体なぜタイに来たの?

はる
はる

人とはちょっと違う、私のプロフィール見て行ってください!

海外で働く・生活するって刺激的!流れ着いてタイ!

「自分で海外に出て行くって、相当な勇気が必要だったんじゃない?!」

 

はる
はる

私の経歴を初めて聞く方々はよくこんな反応をしてくださいます。笑

話好きな私は、もっと聞いて!!と内心思っています。笑

 

22歳:初めての海外転職先はモルディブ

直行便で9時間+水上飛行機に乗って直行便で30分

=最短でも1日掛り!!

旅行でも行ったことも無い国に転職しました。

 

モルディブは日本人にとってはハネムーンで訪れる国!というイメージかなと思います。

そんなのんびり平和な国に2年半いました。働いていても、時間の流れがとてもゆっくりでした。

 

東京で働いていた時にギュウギュウに絞めていた頭のネジがどんどんと緩み、ポロポロと抜けて行くのがわかりました。

そんな時に東北地震が起こり、モルディブではあまりにも日本から遠いと感じ、少し日本に近いマレーシアに転職をしました。

 

24歳:マレーシアで人生初の挫折?!もうダメ!日本に帰りたい!

モルディブ=一つの島に一つのリゾート

時間の流れがのんびり、ゆったり。

バケーションやハネムーンでいらっしゃるhappyなゲストがほとんどでした。

 

そんな平和な環境から、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)に転職しました。

 

モルディブ時代に何度か旅行で訪れたことがあり、土地勘はある方でしたが、やはり仕事・生活となると話は別でした。

 

人はいいし、文化の違いが至るところで見られる街並みもとても好き!

ただ、頭のネジが3、4本抜けている田舎者が突然都会に出てきてカルチャーショックを受けました。

 

のんびりな旅行者 < スピード命の1泊のビジネス客が多い

 

そんな仕事のスピードについて行けず疲れ果てた。そんな感じでした。

 

海外4年目近くにして、初めて母に「もう帰ろうと思う」と弱音を吐きました。

 

25歳:拾う神あり!タイでも、レストランでも働いたことありませんけど?!

マレーシアでの契約は2年でしたが、せっかく雇って頂いたのでせめて1年は頑張ろうと思って仕事をしていました。

 

そんな時に、タイのあるホテルからヘッドハンティングされました。

2つ返事で転職を決めましたが、なぜ私なのだろう???と「?」だらけでした。

オファーを頂いたのが、レストランのアシスタントマネージャーだったからです。

 

それというのも、今回もホテルへの転職でした。

 

が!!

 

今までの経験は、ホテルと聞いて思い浮かべるフロントスタッフでした。

チェックイン/チェックアウトや日本人の方のコンシェルジュのようなお仕事でした。

 

レストランのお仕事も、チームをまとめるお仕事も全てが初めてでした。

 

タイ生活開始!タイ人って物腰柔らかいよね〜、でも一緒に働くって大変!

でも病みつき!

 

全容はブログをお楽しみに!

 

タイトルとURLをコピーしました