後悔しないタイ移住!3つの失敗要因は知っておいて損はなし!

スポンサーリンク
タイ移住のメリット・デメリットを知ろう タイで働く
この記事は約4分で読めます。

今回は「後悔しないタイ移住!3つの失敗要因は知っておいて損はなし!」です。

多くの日本人にとって、海外移住する際に重要な3点が揃っているタイはとても人気です。

  • 暖かい気候
  • 親日国
  • 物価が安い

私もバンコクで5年生活し、移住先として自信をもっておすすめします。

こんなに人気なタイ移住や海外移住で失敗ってあるの?
はる

ちなみに、似たような条件の隣国マレーシアやリゾートの多いフィリピンも同様に人気がありますよ。

こんにちは!タイ移住ガイドのはるです!

タイ旅行・タイ移住・タイ転職に関するタイの魅力を発信するブログへようこそ!

タイ移住する以前にも、モルディブ、マレーシアで海外移住・海外転職をしてきました。

「タイ移住が気になる方向けの転職・生活情報」や「移住してからのお役立ち情報」を発信します。

はるってこんな人

タイ移住ガイドについて
こんにちは!タイ移住ガイドのはるです。 タイ旅行・タイ移住・タイ転職に関するタイの魅力を発信するブログへようこそ! はるは一体なぜタイに来たの? はる 人とはちょっと違う、私のプロフィール見て...

この記事はこんな人にオススメ

  • タイ移住って人気だけど、デメリットは何?
  • 移住で失敗したくない

タイ移住は簡単!だからこそ失敗する確率のほうが高い

タイ移住はかんたんだけど、失敗する人も多い

タイは、海外の中でも日本人が特に多く住んでいる国ということはご存知でしょうか。

日本人が生活する基盤がしっかりとできあがっていることは、移住者にとって大きなメリットです。

特に幅広い年齢層が住んでいるバンコクは、SNSなどで友人も探しやすいので、移住初心者におすすめです。

また、タイ人のゆったりとした雰囲気も、のんびりとしたい人にはばっちりだと思います。

ただ、物価が安いだけを理由に、安易にタイを選ぶとえらい目に遭いますよ。

タイは「物価が安いから」を理由に移住をすると泣きを見ます

タイ移住も失敗しないためには準備がいるよ

いいことだらけのように聞こえるタイ移住ですが、デメリットもあります。

100人いたら100通りの移住に対する条件があると思うので、あなたのベストを見つけてください。

特に「物価が安い」「ビザが取りやすい」の情報を鵜呑みにしてはいけません。

今後何年住むかを考え、自分の目でよく見てみましょう。

タイ移住 3つの失敗要因は「物価」「仕事」「病気」

失敗をしないために気を付けるべき3つの要因

失敗しやすい要因としては、「物価」「仕事」「病気」です。

あなたの年齢によって、海外移住する際の失敗要因は変わっていきます。

特に気を付ける点
年齢関係なく=年々上がる「物価」
現役世代  =「仕事」でお金を稼ぐこと
リタイア世代=老いと「病気」

物価

実は、バンコクの物価は年々上昇しています。

生活費はもちろん上がるし、土地や不動産価格も上がってきています。

残念ながら、憧れのプール&ジム付コンドミニアム物件の家賃も上がっているので注意。

仕事

製造関連・IT関連・ホテル/旅行会社の観光関連など、就職先は多々あります。

ただ、日本語だけしか話せないだと、ビザの取得もしてくれないような企業にしか務めることができない可能性も高いです。

あわせて読みたい↓

タイに移住したい!覚える言語はなに?英語や日本語は使えるの?
タイに移住したい!バンコクへの移住だったらタイ語が必要?それとも英語で大丈夫?日本語しかしゃべれないけど厳しいかな?英語圏以外の海外移住についてまわるこの疑問に、3か国に移住経験のあるはるの実体験からお答えします。言語のスキルはあればあるだけあなたの身を助けます!積極的に学ぶことをオススメします!

病気

風邪薬など薬局で売っている薬の購入で済ませられる病気はかわいいものです。

ただ、病院にかかるとなるとお財布に大打撃です。

日本人が行くような病院には通訳がいるので、割高感は否めません。

タイ移住での健康リスクは食事から来ます。

  • 脂っこいタイ料理
  • プリン体の多いビール
  • 甘すぎるお菓子etc…

市場などでもつい手が出しやすいものを摂取し、体調を崩していきます。

タイ移住した私がおすすめ病院と薬局をご紹介!日本語が使えるよ
今回は「タイ移住した私がおすすめ病院と薬局をご紹介!日本語が使えるよ」です。 タイ移住、海外移住で重要な病院選び。 私が実際に通院したの事のある、バンコクの病院をご紹介します! ...

タイ移住のデメリットを十分理解しましたか?

移住した実績はある。では移住中に残したものは何?

現役世代に伝えたい

ただ闇雲に憧れだけでタイ移住をしても、就職先は限られます。

自分の強みを見つけてからの転職・移住がおすすめ。

それからさらにステップアップしてタイで開業や、他国に移住も可能になるでしょう。

まずは、しっかりと生活費を稼ぎ、悠々自適なタイライフを楽しむことを考えましょう。

リタイア世代に伝えたい

あなたの受給できる年金額によっては、生活費を賄いきれず貯金を崩すことになるかもしれません。

また、病気になってしまうリスクも年々増加していきます。

日本の社会保険に入っていれば、年に何度か日本に帰国して病院にかかることも可能でしょう。

ただし、毎回飛行機代がかかるということをお忘れなく。

選択肢は複数持つことをおすすめします
はる

もし移住先に暖かい場所を求めているのであれば、タイ人にも人気な沖縄はどうですか?

勢いだけでタイ移住を決めると失敗します

勢いだけの移住はおすすめしません

海外移住を決めるには、たしかに勢いが必要です。

ただ、現地での生活が具体的に想像できなければ、おすすめはしません。

実は、3つの失敗要因より、一番大きなリスクをお伝えします。

身近に友人や連絡の取りあう人がいないことは最大のリスクです。

リタイア後の移住で孤独死が問題になっています。

また、現役世代でも突然死ということもあります。

メリットだけの移住はありません
はる

脅すつもりはありませんが、現役世代の突然死は私の実体験です。

十分に考慮したうえでタイ移住を決めてくださいね。

 

 

「海外に出るときの準備について」「現地人との交流の仕方」「お金のため方」などなど
自分ではこんなこと聞いてもいいのかな?は、ぜひ聞いてくださいね!

お問い合わせ
ご覧いただきありがとうございます。 ご質問、ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

旅行のTip配信中 Twitter: @harukaigai328

旅行の絶景配信中 Instagram: haru.love.travel

コメント

  1. ALI♡ より:

    とても濃い情報だと思いました!
    私も15年くらい前にタイに旅行で行きましたが、その時よりかなり物価が上がっているのかなと思いました。

    海外移住で気になることら具体的に病院がいくらかかるとか、保険はどうなのかとかです。私はインドネシアで身内が何度か入院したのですが、保険がきいてVIPルーム入院でした。
    これからも記事楽しみにしています♡

    • はる より:

      ALI♡さん、コメントありがとうございます!

      海外で、実際に病院にかかると信じられないくらい高額になることはよくありますね。
      保険に入っていれば安心な部分も大きく、旅行も気兼ねなく楽しめるので、安心を買うというのも大事だと思います。

      ご参考になる記事をかけるように頑張ります!
      ありがとうございます。

  2. Tomoco より:

    リタイア世代に近い私。
    病院の所は特によく読みました。
    気候は温暖で確かにいいのですが、やはりタイの言葉が必要だなあと、
    痛感しましたよ。

    タイはまだ行ったことが無いのですが、
    やはり、医療関係は気になるところです。
    物価の安さも魅力的ですし、
    日本の冬の寒さはやはり年々厳しく感じますものね。

    いろいろ、在住の経験を通して、濃ゆい情報を希望します♪
    他のブログもゆるりと拝読しますね♡

    • はる より:

      Tomocoさん、コメントありがとうございます!

      病院はどこに住んでいても、切っても切り離せないとこらだと実感しています。

      寒い間だけの短期移住もおすすめですよ!
      最近はAirbnbでホテルに泊まるよりも格安で滞在できる方法も増えてきました。

      現地にいたから発信できることを記事にしていきます!
      よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました